« 違う形の夢 | トップページ | 年の暮れの寂しいニュース »

2010年12月29日

旋風!

M-1グランプリを今年も自宅でゆっくり見ていた。
毎年、年末にレベルの高い漫才を見れるのが嬉しい。
「笑い飯」がとうとう優勝し、それは喜ばしいことだったが、
この大会の楽しみは、毎回ほぼ無名に近いコンビが突然現れてかっさらって行くところだ。
笑い飯の初登場やサンドイッチマンの時のように、今回の「スリムクラブ」もすごかった。
キングオブコントでも準決勝までは残っていて、面白いなあと思っていたが漫才でも力を発揮してくるとは意外だった。
1本目で衝撃を与え、2本目のネタもそれを越えてきたのはほんとに見事。
圧巻だったのは、
「なんとかならんかね」
「民主党ですか?」
というくだり。
このセリフのあと、一瞬間があってジワジワと笑いが大きくなっていく瞬間がたまらなかった。
一見たわいもないボケなのだが、会場の客席もがテレビの前にいるものも、その一言で今年の様々な出来事が頭の中に甦ってきて大いに共感した笑い声だった。
今年の様々な出来事をこの短いやりとりですべて表現して見せたのは、本人たちがそこまで狙っていなくても、秀逸なものだった。これがまさに笑いの真骨頂だと思う。
お笑い最高!と思う瞬間だ。

余談だが、
ナイツの塙は、小学生の時うんちをもらしてしまいいじめられたが、数日後自ら「うんちマンの歌」というのを作って歌ったら、みんな大爆笑し、それ以後いじめられることはなくなったという。
その時に、お笑いは最強だと思い芸人を目指すようになったらしい。

スリムクラブは優勝は出来なかったが、一晩にして確実に日本中にその存在を知らしめた。
こういうことが起こるから、この世界に憧れる若者がまた出てくるのだ。
彼らのネタを漫才と判断するかどうかというのが、審査員のプレッシャーにもなっていたが、自分もキングオブコントでやったので、その気持ちは確かにわかる。決勝は審査員が試されるような大会だった。
でも、あれを漫才と認めるかどうかを悩むみたいなことは、せめて一回戦の時に言ってあげればいいのに。4800組の中を勝ち抜いて決勝まで来てから言われても、それはちょっと可愛そうなんじゃないかと思う。

とんでもないパワーを持った人たちが、まだまだいっぱいいると思う。一組でも多く現れて欲しい。

|

« 違う形の夢 | トップページ | 年の暮れの寂しいニュース »

コメント


内村先生 はじめまして
『スリムクラブ』すごく面白かったです。

ナイツも、完成されたネタでゲラゲラ笑いました。

『スリムクラブ』の漫才は宇多田ヒカルさんが、現れた時と同じ衝撃を受けました。

投稿: 渡邉 | 2010年12月29日 11時10分

私も、あんちゃんと同じように
なんで決勝まで来ているのに
漫才なのかどうかと言うのはどうだろう?と思った。

あの日お客さんの笑い声が一番大きかったのは、
まぎれもなく、スリムクラブだったと思う。

でも、スリムクラブも笑い飯も面白かったけど
ナイツも点数低過ぎない?と思うくらい面白かった。

投稿: とろろ | 2010年12月31日 05時19分

投稿: UGG ブーツ 店舗 | 2011年12月12日 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172828/50427940

この記事へのトラックバック一覧です: 旋風!:

» ponで紹介のとろとろプリン [ponで紹介のとろとろプリン ]
過去に放送された落合シェフのカルボナーラが 浜内千波先生の【和風トロトロプリン】とろとろプリンが [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 21時51分

« 違う形の夢 | トップページ | 年の暮れの寂しいニュース »