« 惨敗 | トップページ | ベンダールーム »

2006年6月13日

こんな郵便物

昨日届いた郵便物に見たこともない注意書きが貼ってあった。「この郵便物は、取扱中に誤ってき損しました。誠に申し訳ありません。補修の上お送りいたしますのでよろしくご了承願います。」と書かれている。見ると、封筒の片側が完全に破れていた。破れたではなく、破ってしまったという感じの破損。破れた部分を強引にセロテープでくっつけてあった。一体郵便局で何があったんだ。完全に中身を見られている感じ。幸い、カード会社からのお知らせ程度の郵便だったからよかったものの、これがもし、ラブレターに対する断りの手紙だったら、お金貸してくださいという手紙だったら、写真入りのオーディション応募用紙だったら、どうするんだ?受け取った時点で破れてる。セロテープでくっつけただけの処置。補修しといたからこれでよろしく、という一方的な通知。これだけで受け手の心理を微妙に揺らしてしまうじゃないか。ご了承願えない時あるよ。これで郵便局が民営化になったら、以前道路公団についても書いたけど、コロッと態度も違うんだろうな。もしかしたら、課長クラスが現場の担当者を連れて菓子折下げてやってくるかも。それくらい変わると思う。ま、実際来られても困るけど。


|

« 惨敗 | トップページ | ベンダールーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172828/10518173

この記事へのトラックバック一覧です: こんな郵便物:

« 惨敗 | トップページ | ベンダールーム »